ブログ記事のキャッチコピーの後に続く文章が「冒頭文」になります。冒頭文を書くことで、その記事の内容を簡単にお伝えおきます。最初に伝えることで、読者の興味・関心を惹くこと持ちながら、その先を読んでもらえます。


この記事では、冒頭文の書き方について解説します。併せて、冒頭文の役割と書く時の考え方・コツについてもお伝えします。あなたが、この記事を読むことで、ブログの書き出しをスムーズに書き始めることが出来ます。是非、最後に読んでくださいね。




ブログの冒頭文とは





ブログの冒頭文は、読者の目を留めてもらう役割があります。分かりやすく言うと、その先の「本文」を読んでもらう為の文章ですね。ココで、読者の興味や関心を惹けると、続きが気になって読み進めてくれます。


なるほど・・・じゃあ、どんな事を書けばイイの?!


こんな声が聞えてきそうですね。実は、冒頭文は意義と簡単に書けるんです。書くべき内容は次の通りです。


  • 記事の簡単な内容
  • どんな悩みを抱えている人に向けているのか?
  • この記事をよむとどうなれるのか?


この3つの項目を文章にしていきます。次項で、それぞれの書き方と書く時のコツ・注意点について解説していきますね。



記事の簡単な内容


冒頭文では簡単に内容を説明することで、読者の目を留まらせる効果がります。例えば、こんな感じです。



今回は「○○について解説します。


ここでの伝え方は凄くシンプルに伝えてください。時々見かける残念なパターンは、冒頭からガッツリ説明している文章を見かけます。丁寧な文章を意識しているのかも知れませんが、逆効果になることもあるんです。


その理由は、この先の本文を読んだ時に、またもや長文だったら・・・あなたはどんな気持ちになりますか?恐らく・・・「また長文なの?!」と、感じると思います。読者は基本的に忙しい人なので、2度の長文は嫌な気落ちになってしまうので、注意が必要です。なので、ガッツリな説明は本文に任せて、ここはシンプルに伝えてくださいね。



どんな悩みを抱えている人に向けているのか?


こちらもシンプルに伝えてください。複数のタイプに分けて書くと伝わりやすいです。例えば、こんな感じです。



  • ○○でお悩みの人
  • ○○で今の現状を打開したい人


上記の伝え方をすることで、読者は「自分の事だ」と意識してくれます。意識してくれた読者は続きが気になり、読み進めてくれます。


こちらを書く時のコツはシンプルに短い文章で書いてください。と言うのも、こちらで長々と説明されても、読者にウザがられてしまいます。続きを読んでもらう為のステップなので、シンプルに伝えてくださいね。




この記事を読むとどうなれるのか?


この部分は、読者が一番気になる所ですね。こちらも、シンプルに短い文章で伝えていきましょう。例えば、こんな感じですね。


あなたが、この記事を読むことで○○の知識・ノウハウが身につきます。更に、日常生活でも使えるので、あなたの人間関係が大きく変わり楽しい毎日を過ごすことができますよ。


こんな感じで書かれると・・・続きが気になりませんか?読者の気持ちを考えることで、ピタッと当てはまるベネフィットが書けます。是非、色んなパターンで試してください。こちらも、続きを読んでもらう為のステップなので、シンプルに短めな文章を書くことを意識してくださいね。




冒頭文はシンプルに





こちらも時々みかけるのですが、冒頭で長々とした説明を始める人がいらっしゃいます。その人を否定するつもりはありませんが・・・読者に続きを読んでもらいたいのであれば、シンプルな文章で伝える事が遥かに効果的です。


書く時は、難しい言葉・専門用語は使わず、シンプルで分かりやすい言葉を選んで伝えていきましょう。詳しい説明は「本文」が担ってくれるので、あくまで本文へのバトンタッチだと認識しておいてくださいね。





シンプルで簡単な文章が書けると・・・


「シンプルで簡単な文章」と聞くと、何だか手抜きのぶんしょうなのでは?と感じるかもしれませんね。その気持ちはよく分かります。でうが、シンプルで関r足んな文章が書けると、ブログ以外の文章でも使えるんです。


最初にし。シンプルで簡単な文章で伝えた後、次の段階でガッツリ説明することでしっかり伝えることが出来ます。普段の会社での資料作成や、上司への提案書・企画書もこのスタイルで書くと、上司の目にも留まりやすいので是非、試してくださいね。






この記事のまとめ


この記事では「ブログの冒頭文の書き方書くべき内容はたったの3つ」をテーマに解説しました。併せて3つの内容の例文もお伝えしました。いかがでしたか?


冒頭文の目的は「続きを読んでもらうこと」です。シンプルで短い文章で伝えてみてください。読者が「俺(私)のことじゃん」と感じてもらえる書き方を意識してくださいね。


こちらも書き続けることで、スラスラ書けるようになるので早速、今日から書き始めることをお勧めしておきます。





編集後記


この記事の中で出てきた「冒頭文でガッツリ説明する人」・・・実は、過去の僕だったりします。(苦笑)当時は伝える順番や内容がさっぱり分からなかったので、思いつくまま文章を書きまくっていました。


結果は、あなたの想像通りです(笑) ただただ、読みにくい文章でしかありませんでした。そこから、ライティングを学びながら少しずつ書けるようになったのは今でもはっきり覚えています。


このページをご覧のあなたも、文章が上手く書けないとお悩みなのであれば、シンプルで簡単な文章を書くことから始めてくださいね。その後に、ガッツリ説明することで、スラスラ書けるようになるので早速、今日からチャレンジしてくださいね。





では、今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。
本日も素敵な情報発信頑張りましょう♪


このブログ・記事へのご意見・感想・質問など、随時受け付けています。
サイドバーのお問い合わせからお気軽に連絡してくださいね。


ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ





あなたの応援に感謝です♪