あなたは普段からブックカバーを使っていますか?お店で扱っている所も少ないので、あまり縁がないかもしれませんね。元々、僕は本を読む習慣がなかったので、ずっと無縁でした。でだからなのか、ブックカバーへの憧れが強かったのかもしれません(笑)


この記事では、実際に僕が使っているブックカバーについて解説します。商品のレビューと使って感じたこともお伝えします。是非、最後まで読んでくださいね。




CADAQES布製ブックカバー




3年前にブログを始めてから、本を読むようになりました。定期的に病院での検査があるので、本を持ち歩くようになったんです。当時は、ネットで本を買っていたので、ブックカバーらしきものは持っていませんでした。


流石に、表紙をむき出しのまま持ち歩くのは恥ずかしかったので、慌ててブックカバーを買ったのを覚えています(笑)


今回、前に使っていた四六版のカバーが古くなったので買い換えます。この記事では、買い替えたブックカバーについてのレビューと、使ってみた感想をお伝えします。是非、最後まで読んでくださいね。




布製のブックカバーを探していた


今の時代、様々な材質のブックカバーがありました。見ているだけで、意外と面白いくらいたくさんのブックカバーがあったんです。皮タイプのモノから紙のカバーまであったのは衝撃的でした。

僕が探していたのは布製のカバーです。その理由は布製だと、ある程度の厚みのある本でも上手くカバーできるのでは?との考えから布製カバーをさがしていたのでした。


そこで見つけたのが「CADAQES」のブックカバーです。次項でCADAQESについて詳しく解説しますね。




CADAQES社製のブックカバー



CADAQESに、僕が欲しいタイプのブックカバーを扱っていました。こちらのメーカーのブックカバーは国内に流通している本のサイズを網羅しているカバーです。


本の厚みも、本体にアジャスト機能がついているので、誰でも簡単に調整することが出来ます。カラーバリエーションも豊富で、ブラック・サンドベージュ・アーミーグリーン・オックスフォードブルー・レッド・ディープブルーの6色です。無地なデザインなので飽きずに使えます。


材質は綿で、しおり紐付きです。本のサイズは5種類



詳しくは下記のページでご確認ください。




ブックカバーを着けるメリット

ブックカバーを着けるメリットは次の通りです。


・本が汚れにくい
・お洒落に本を持ち運べる
・ひも付きしおりがあるので、途中からいつでも読める


他にもありそうですが、僕が使って感じたメリットですね。今までは、歩いて移動中にしおりを落としたこともありましたが、このブックカバーで解消しました。


今は、国内メインで販売されている本の大きさに対応しているので、CADAQUESで一通り揃えました。





CADAQUESを着けるデメリット


個人的にデメリットは感じたことがないのですが、本の大きさよりもカバーの方が少し大きいので、この部分がきになる人がいるかもしれません。個人的には少し大きめで気に入っているのですが・・・(笑)






この記事のまとめ

この記事では「CADAQUES ブックカバー」をテーマに解説しました。いかがでしたか?ブックカバーを着けるだけで、他の人とは違った雰囲気が出せる様になります。


CADAQUESのブックカバーは、本の大きさに合わせることができます。他には、ハードカバーの本にも対応しています。あなたの使い方に合わせて使ってみてくださいね。





編集後記

最初は、カバーも何も着けずに持ち歩いていました(笑)その時は本はむき出しだったので、少し目立っていたんでしょうね(苦笑)病院の看護師さんに「ブックカバー」が売っていることを教えてもらいました。


そこから、持ち歩き専用でブックカバーを使っています。シンプルで空きが来ないデザインなのでこれからも使い続けていきたいですね。


このページをご覧のあなたもこの機会に、お洒落なブックカバーを使ってみませんか?手触りと使いやすさは抜群なのでお勧めしておきますね。






では、今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。
本日も素敵な情報発信頑張りましょう♪


このブログ・記事へのご意見・感想・質問など、随時受け付けています。
サイドバーのお問い合わせからお気軽に連絡してくださいね。


ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ





あなたの応援に感謝です♪